2007年02月26日

07年度に活躍するセクター1位は銀行業

FX投資の専門家TOPニュース ⇒ この記事

[東京 26日 ロイター] ロイター個人投資家2月調査によると、日本株式に対する個人投資家の投資スタンスの強さを示すロイター個人投資家DI(「強気」の割合から「弱気」の割合を引いたもの)はプラス60となり、前月のプラス52から改善した。07年度に上昇が期待できるセクターを聞いたところ、1位は景気回復と金利上昇で収益拡大が見込まれる「銀行業」、2位は取引の活発化や地価上昇などから「不動産業」となった。


 この調査は、ロイターが昨年1月から毎月発表している。ロイターCO.JPの個人投資家向けメールマガジン購読者を調査対象としており、今回の実施期間は2月15日─18日。回答数は全国734人(男性93%、女性7%)で、年齢層は40代から60代が66%を占めた。
 調査初日の15日は、予想を上回る10─12月期国内総生産(GDP)などを好感し、日経平均は高値水準で推移した。
 <個人投資家DIはプラス60、過去4番目の高水準> 
 2月調査の個人投資家DIはプラス60となり、過去4番目の高水準となった。日本株に「強気」と回答したのは全体の80%、「弱気」は20%だった。
 「強気」との回答者からは、GDP発表などを踏まえて「日本経済のファンダメンタルズの堅調さと、米国経済の回復基調の顕在化」(60代男性)や、「円安基調に加えて、業績が上向きの企業が増えてきている」(50代女性)との声が出ていた。また「団塊世代資金をはじめ個人マネーが順調に投資に向かう」(40代男性)といった期待感も示されていた。
 「弱気」との回答者からは「消費者が景気回復を実感できていない」(40代男性)との声や、「内需が弱く為替など海外要因に左右される」(50代男性)との見方が出ていた。
 業種ごとの投資姿勢(「強気」から「弱気」を引いたDI)を調べたところ、素材や薬品・健康などが改善した。「現在、投資したい/投資資金を増やしたい株」(複数回答)では、景気敏感株の人気が高まり、成長株や割安株の人気は低下した。

 「現在、投資しようとしている/投資金額を増やそうとしている金融商品」(複数回答)では、預貯金や外国株式、株式投信の人気が高まる一方で、国内株式や国債は人気が低下した。株式投信を選択した個人投資家に、選好する国・地域(複数回答)を聞いたところ、地域別では北米やブラジル、ロシア、インドの人気が高まった。
 <07年度の活躍セクター、1位は銀行業・2位は不動産業>
 主要33業種のうち、2007年度に対TOPIXでパフォーマンスが最も高くなりそうなセクターを選んでもらったところ、1位は「銀行業」で全体の16%を占めた。回答者からは「金利が上がり、好景気で資金需要が増えるため」(50代男性)として、金利上昇に伴う収益拡大が期待されている。
 2位は「不動産業」が11%を占め、「景気回復による不動産取引の活発化や価格上昇」
(50代男性)が挙げられていた。
 円安傾向が続く中で、3位は「鉄鋼」「輸送用機器」「電気機器」の3業種が肩を並べ、各7%を占めた。「鉄鋼」は北京オリンピックを含む海外需要の高まりや業界再編期待、
「輸送用機器」は好調な自動車輸出、「電気機器」は新型ゲーム機や薄型TVなどデジタル家電の需要増が挙げられていた。
 4位は「証券業」「非鉄金属」「情報・通信業」の3業種が各5%を占めた。「証券業」は株式取引の活発化や団塊マネーの流入、「非鉄金属」はM&Aや相場高への期待、「情報・通信業」は出遅れ感やIT産業の発展余地などが理由として挙げられていた。
 5位は「医薬品」と「機械」が各4%を占めた。「医薬品」はM&A期待や高齢化の進展に伴う医薬品ニーズの高まり、「機械」は内外での設備投資増が指摘されていた。
 他方、2007年度に対TOPIXでパフォーマンスが最も悪そうなセクターを選んでもらったところ、1位は「その他金融業」で全体の21%を占め、消費者金融は「グレーゾーン金利廃止で淘汰(とうた)が進む」(40代男性)といった見方が多かった。
 2位は公共事業の減少や談合問題、過当競争が影を落とす「建設業」の9%、3位は個人消費の低迷を背景に「小売業」が8%を占めた。4位は天候不順や成長余地の乏しさが懸念される「水産・農林業」が6%を占めた。5位は利上げの影響を受けやすく株価もすでに割高水準にある「電力・ガス業」と、不払い問題など不祥事が続く「保険業」がそれぞれ全体の5%を占めた。
 *ロイターCO.JPの個人投資家向けメールマガジン購読者は、年収500─799万円が32%と最も多く、1千万円以上が26%。金融資産残高(除く不動産)は500万円未満が44%と最多で、3000万円以上は12%。会員が株式投資をする頻度は1カ月に1回が32%と最も多く、1週間に1回が22%となっている。

2月26日13時47分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000627-reu-bus_all
posted by FX投資の専門家 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。