2007年02月26日

東京外為市場・午前=ドル120円後半、対ユーロで約1カ月半ぶり安値

FX投資の専門家TOPニュース ⇒ この記事


          ドル/円      ユーロ/ドル     ユーロ/円
正午現在    120.89/94  1.3187/92  159.44/52
9時現在    120.95/00 1.3180/85 159.44/49
前週末東京17時 121.30/35  1.3125/30  159.26/29
前週末NY17時 120.98/00  1.3167/68  159.40/48
----------------------------------------------------------------------------


 [東京 26日 ロイター] 

正午過ぎのドル/円は、前週末NY市場の午後5時時点から小幅ドル安/円高の120円後半で取引されている。米利下げ観測の再浮上や、イラン問題をめぐって地政学的リスクが意識されていることなどから、この日のドルは前週末海外市場に続いて小幅ながら弱含みとなった。ユーロ/ドルは一時、約1カ月半ぶりユーロ高/ドル安水準をつけた。
 午前の取引では、ドルの上値の重さがやや目立った。2月半ば頃から米経済指標に事前予想を下回るものが目立ち始めたことに加え、ウラン濃縮の停止をイランが拒否したことなどから、地政学的リスクが高まる可能性があるとの見方から、ドルが弱含みとなった前週末海外市場の地合いを引き継いだという。
 ユーロ/ドルは一時1.3192ドルまで上昇し、1月3日以来のユーロ高/ドル安準を更新した。23日発表の2月独IFO業況指数は付加価値税の引き上げなどから事前予想を小幅に下回ったが、ドルが弱含む流れが強まっていることに加え「ユーロ圏のインフレ警戒感が根強い」(都銀)ことがユーロ買いにつながった。
 ドル/円は120円後半の狭いレンジ内で、上値の重い展開となった。低金利の円に売り圧力がかかりやすく、ドルが弱含む中でも対円ではドル売りが進みづらいため、値動きが他通貨に比べて鈍いという。
 このため今後、ドル売りがさらに強まる展開となっても、ドル/円は「下値が限られる」(別の都銀)との声が市場では大勢。ドルが弱含みとなればユーロに買いが入りやすくなるため、ユーロ/円に上昇圧力がかかりやすくなるが、ユーロ導入来の高値圏で推移するユーロ/円では利益確定の円買い戻しが出やすいほか、欧州当局のけん制発言が出やすいとの指摘もあり「大きく買い持ちにするのは難しい」(外銀)という。
 正午現在のクロスレートは、豪ドル/円が95.73/83円、スイスフラン/円98.27/32円、ポンド/円が237.38/50円。

2月26日12時47分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000616-reu-bus_all
posted by FX投資の専門家 at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。